弁護士への質問を投稿できるようになりました!
詳しい使い方を見る
裏書の連続うらがきのれんぞく

手形を所持する者が手形上の権利を行使するには、第一裏書人から所持人までの裏書の連続が必要がある。裏書の連続していない裏書き不備の手形は、金融機関において支払を拒否されることになる。 

回答可能な弁護士